ピークル計測 >

ピークル計測は10年の自転車レース計測経験を生かして

  • 1999年から10年間にわたりJCRC大会運営と計測のスタッフをしました。その経験を生かして、2011年春からチップ計測の「ピークル計測」を立ち上げ、小規模レースの応援を開始致しました。
  • 「小規模レースの計測」どうぞよろしくお願い致します。

小学・中学・高校・大学生のラン計測を5万円で応援します(条件あり)

  • 2019年より生徒さん学生さんの小規模レース・記録会など「100名程度」のタイム計測の応援を始めました。
  • 校内記録会、トラック記録会等の計測が可能です。ただし、当面、東京近郊限定で「平日」とさせて頂ききます。
  • 計測機器、計測チップ、(回収ゼッケン)、計測スタッフ1名、交通費等経費込みで5万円です。

トピックス

◆ピークル計測ではドイツ製RaceResultでの計測も行っています。
 また、MylapsとRaceresultのデモ、レンタル、サポートも行っています。

Active_Decoder

お知らせ

・ピークル計測は今年から「ジェイナス:志賀健一」に順次移管しています(2020/3/15)
・ピークル計測はドイツ製のRaceResultも採用しています(2020/3/1)
・ピークル計測は「府中工業高校を応援しています」(2019/7/25)
・2019年より学生さん(小,中,高,大学)のラン計測を5万円で開始しました。(2019/5/11)
・2019年も多くのリピートを頂き計測を担当しています。(2019/3/10)
・2018年も約100大会の計測を担当しました。(2018/12/31)

ピークル計測の計測方法

  • 自転車レースでは、フォークにチップを付けて計測します。
  • ランニングレースでは、靴紐にチップを付けて計測します。
  • MTBレースでは、足首にチップを巻きつけて計測します。
  • 駅伝では、タスキにチップを付けて計測します。
  • スイムでは、足首バンドにチップを付けて計測します。
  • その他、いろいろな計測が可能です。

ピークル計測は低料金の約8~12万円(約200名)でお手伝いします

  • ピークルの計測システムは、簡易なオランダ製MYLAPSシステム(旧AMB)とドイツ製RaceResultを使用します。(オリンピックやツール・ド・フランスでも使用されています)
  • 簡易な計測システムで、800名(300チーム)位の小規模なレースの計測をお手伝いします。
  • 基本計測費は、100名まで約8万円、200名まで約10~12万円です。別途スタッフ費などの諸経費がかかります。
  • お試し計測や平日デモも行いますので、お気軽にお問合せ下さい。